【プレスリリース】マイクロラーニング「Spotty」、動画コンテンツ配信にも対応

TOP > ニュース > 【プレスリリース】マイクロラーニング「Spotty」、動画コンテンツ配信にも対応

【プレスリリース】マイクロラーニング「Spotty」、動画コンテンツ配信にも対応

~スマホで撮影そのまま配信も可能、現場教育に適応~

【概要】

ロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石神 優)は、マイクロラーニングシステム「LOGOSWARE Spotty」(ロゴスウェア・スポッティ)の新バージョンで画コンテンツ配信に対応したと発表しました。作成済みの動画ファイルを配信できるのは勿論、その場でスマホ撮影して配信することも可能です。

【詳細】

マイクロラーニングシステム「Spotty」は、日常のちょっとした学びコンテンツを社員に配信するための専用システムです。
長時間の学習を要する本格的な社員研修とは違い、「新ルールを覚えてほしい」「注意点を確実に伝えたい」・・・そのような日常の学びを手軽に低価格で実現することに特化しています。旧来のバージョンでは、写真・画像、ドキュメント、試験・アンケートのコンテンツが配信できましたが、これに加えて、特に現場教育の市場から動画コンテンツへの対応が強く求められていました今回の新バージョンでは、この動画コンテンツ配信に対応します。

現場教育に動画マニュアルとしても利用可

既に作成済みの動画ファイルを配信できることに加え、「Spotty」新バージョンでは、スマホで撮影した動画をそのまま配信できる機能も実装しました。思いついたらすぐにスマホで撮影して配信できるので、外食、アパレル、介護など多くの現場教育に向いています。細かいコンテンツ編集機能などは不要なので、パソコンなどを使わず、素早く業務処理したいという忙しい現場での使用に適しています。

ちょっとした学びに・・・動画コンテンツで明確に伝える、伝わる

また、数分の動画コンテンツを見るという学習方法は、忙しい仕事の合間にできた隙間時間での閲覧が可能なので、現場スタッフにとっても適した学習方法です。映像であれば、文章で伝達するよりも具体的に内容が伝わる場合も多く、留学生や外国人スタッフなどに対する情報伝達としても効果的です

 「STORM」対応、LMS不要のお手軽eラーニング

加えて、「Spotty」新バージョンでは、スライド型コンテンツ作成ソフト「STORM」への対応もしました
ロゴスウェアは、「STORM」コンテンツの学習履歴を管理する方法として、本格的LMS「Platon」と無料の「スコア」を提供してきましたが、この二つの中間市場(ある程度の機能は備えて、低価格への要望も多く寄せられていました。今回の「Spotty」新バージョンは、この要望にも応えることができます。

【提供開始日】
2019年1月25日

【対象バージョン】
LOGOSWARE Spotty2.3.0

【参照URL】
https://spotty.logosware.com/
https://suite.logosware.com/storm-maker/

【会社情報】
ロゴスウェア株式会社
URL: https://www.logosware.com
本社:茨城県つくば市研究学園5丁目20番地2 つくばシティア・モアビル5F 502号室
東京オフィス:東京都台東区台東4-13-21 ユニゾ仲御徒町ビル 3F
2001年7月に設立されたIT系ベンチャー企業。「情報や知識を、より手軽に、確実に、素早く、低コストで伝えるインターネット ソリューションを提供する」 ことを目標として「eラーニング事業」に加え、「Webコミュニケーション事業」「デジタルドキュメント事業」「Web&コンテンツ事業」を主力業務として事業活動を手がける。


本リリースに関する連絡先:

■セールス担当
ロゴスウェア株式会社
メール:sales@logosware.com
電話:03(5818)8011 (平日10:00~17:00)
担当:セールス&マーケティンググループ 鈴木

■広報担当
ロゴスウェア株式会社
メール:sem@logosware.com
電話:029(859)8708 (平日10:00~17:00)
担当:広報  高島